www.celticdarkness.com

-

-

事故発生した際、あなたが被害者のケースでも、相手方が手落ちを全く受容しない状況はたくさんみられます。例えば、故意に起したのではなく注意不足で自動車をぶつけた際に押し問答になってしまう状況がありがちです。とは言ってもその場所で自動車のみの損害対応され、時間が経過して体の痛みが出た時に、通った病院の医師に作成してもらった診断書提出するというのは対応が遅れるというのは否定できません。では交通事故の過失割合の確定にはどんな基準が設けられているのでしょうか。正しく申し上げますと、警察が決定するのは自動車の事故の大きな落ち度が認められるのはどちらのドライバーかという責任の所在であって、どちらに何割過失があるのかではありません。まして、明確にされた責任者がはっきりする事は事態はないです。ですので、どちらに何割過失があるのかは本人たちの話し合いの結果に応じて決定されこの結果が自動車事故の賠償の算定の根拠となる訳です。その場合に、互いが自動車任意保険に入っていない場合には双方がじかに協議をせざるを得ません。されど、当然ながらそういう話し合いでは、非理性的なやり合いになる時が高いです。これに加えて、互いの主張が平行線をたどれば万が一の場合、裁判所にまで入りますが、その場合大切な時間と費用のかなり大きな損を避ける事ができません。そのため普通は、事故に関わってしまったそれぞれの運転手に付く自動車の保険会社、こういった両者の自動車の保険屋さんに調整を任せる策を活用して、相応しい過失の割合がどうなのかを落ち着いて決めさせるのです。そのような際には自動車保険会社は、過去の車での事故の事例の判決から導き出された判断材料、判例タイムズなどをベースに推測と話し合いで過失の割合を算出します。と言いつつも、自動車の事故の例では不幸にも関わってしまったのか巻き込んでしまったのかを考える前に、とりあえず警察に連絡するのが原則です。その後で、自動車保険の会社に電話してその先の対応を委ねるのが順番となります。この順番さえ把握していれば両方の不毛な交渉となる状態を回避できるに違いないのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.