www.celticdarkness.com

-

-

書籍の折込チラシ、スポーツ紙、電柱に見かける広告やダイレクトメールで「多重債務の整頓任せてください」「負債を一本化したいですよね」と書かれた惹句を読むことがありませんか。こういうのは、「整理人」「買取業」「紹介者」と呼ばれる会社のだまし広告のときも存在します。そういったものを申し込んだときには破産申請手続きの中で最優先の免責認定を受けられなくなる可能性も存在します。「片付け屋」とは、DMなどで多重負債者を寄せ集めサービス料を受け取って整理を行うのですが、実際のところ債務整頓は行われないで、債務者はより一層の負債スパイラルにはまってしまうときがほぼすべてと考えてください。「買取業」の場合、当人のクレジットカードで電気製品、コンサートの利用チケットを限界まで購入させ債務人からそういった品を販売額の20%や半分で受け取るという手法を使っています。負債人はその瞬間は金銭が手に入れられますがカード会社による品物の全額の請求が送られて来ることになり、実際は負債を上乗せする結末で終わります。このケースではクレジット会社への詐欺とされてしまい免責が手に入れられません。「つなぎ屋」は、大企業の貸金業者から拒絶されるようになった負債者へ、金貸しはしないで、金貸しを可能な関係無い同業者を知らせて、高すぎる手数料をもらう業者です。紹介者は自分のつなぎで貸出可能となったというふうに話しますが実際には何もしないでただ単に調査のゆるいルートを教えているというだけです。このときも結局は借金を増大させることになります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.