www.celticdarkness.com

-

-

車の【全損】とはその名が示すように愛車のすべてが破損してしまう状態ですなわち走れないような車としての働きを果たさなくなった時に使われますが、自動車保険での【全損】は多少なりとも異なる内容が込められていたりします。自動車保険のケースでは乗用車が壊れた時には〈全損と分損〉のように2つの状況に仕分けされ、《分損》は修理費が補償内でおさまる状況を表現し逆に《全損》とは修復費が補償額を上回る場面を表します。一般的に、乗用車の修復で【全損】という場面では車の心臓となるエンジンに重大な打撃を受けたり乗用車の骨格がねじれてしまって直すことが不可能な場合リユースか処分と決められるのが普通です。しかしながら、自動車の事故の後にディーラーや車の保険会社がこのような修理のお金を予測した時に、いくら外観が問題なく修復ができる状況でも修理費が保険額よりも大きかったらなんで自動車の任意保険にお金を支払っているのか分からなくなってしまいます。そういう場合は、(全損)と考えて愛車の所有権を自動車の保険屋さんに譲渡し補償額を受けとる仕組みなっています。当たり前の事ながら長年使用した車でこだわりがあり自分で費用を出して修理をしてでも使用したいと考える方はいくらでもいますので状態によっては車の保険の会社と意見交換するといいと思います。さらに、自動車任意保険の中にはこのようなケースが想定され特約等(全損)時のための特約が設けられているところがたくさんあり予期せず自動車が全損となった時でも買い替えなど費用を一定分もってくれる場合も実在します。なおかつ盗まれた際の保険金の特約をつけていると被害にあった乗用車が発見されないケースでも『全損』とされ、保険が適用される仕組みになっているのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.