無くても問題ないと思うのであれば保管しておく必要

-

-

使用したレシートの保持する必要はある?正解を冒頭に言うと重要な意味は特にないと思います。

保持することが利用した履歴を残したいと考える際持っていればいいのだろうし、逆に言うとそういう証跡は無くても問題ないと思うのであれば保管しておく必要はないと思われます。

だが月に一度送付される利用明細書との照らし合わせ作業時においては絶対このレシートが不可欠なのです。

明細をその時まで保持していないとなるとどこで何日にどれだけの金額を使用したのかということがわからなくなるだけでは済まず、間違えた請求の他重複した請求についての確認作業が不可能になってしまうからリスクがあります。

特段クレジットを利用した大きさ利用レシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。

せめて明細書が送付される前後は厳重に明細レシートを保存するようにするべきである。

クレジットカードのレシート処分手段)クレジットのレシート廃棄の手段はとにかく単純です。

誰かに不正利用されないよう小さく裁断して破棄するだけで大丈夫である。

裁断機が使える際には用心のために利用しても良いでしょう。

なにせカードの履歴を記載している明細レシートのためナンバー等、機密情報の内容を判別されてしまうことがいっぱい記載されています。

ただのレシートと思わず廃棄は注意を払って行うべきでしょう。

また、今では防犯対策の意味で利用レシートにクレジット番号といった個人情報が記載されない利用レシートも出てきているが信じ過ぎることは禁物です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.