審査項目のひとつひとつを

-

-

キャッシングを利用する際には、キャッシングの契約をする企業のチェックに申込みをし、それらのチェックを通過する必要があるのです。80-14-7

キャッシングサービスの審査の大半の内容は、「自分の企業に前に申込みがあるか」「信用情報機関に記録が存在するか」「キャッシングサービスを受けようとしている人の歳や年収、過去の利用など」が調査され、キャッシングサービスを承諾するかどうか、許可する場合はどれだけの金額を融資を行うか、判断されるようです。80-7-7

キャッシングサービスの審査にパスすることで、契約書などとキャッシングサービスを利用するためのカードが送られてきて、はじめてATMなどでキャッシングサービスでの借り入れに移ることができるのです。80-16-7

新たにキャッシングサービスを申し込むにあたって申告しなければならないことに、自分自身のこと、家族構成、住居の環境職種や勤務地についての他にも、貸金業者をどれほど利用しているかってことも必要です。80-15-7

手続きの審査に申し込むには、申込者本人の個人に関する情報を全部見せるつもりで望みましょう。80-6-7

キャッシングの審査で記入することは、すべて審査に影響するものと理解しておきましょう。80-19-7

審査の項目は、どの金融業者であっても、そんなに違いはないと思います。80-4-7

金融業者では、審査項目のひとつひとつを、「属性」と呼ぶこともあるようです。80-5-7

属性には、重視される属性と、されない項目があります。80-20-7

例を上げれば、その人の名前だけでは、その人がどういった人間なのか審査できませんが、そこに歳が分かった場合、ある程度推測をすることが可能となるのです。80-8-7

ですから、「申込者の歳」は重要視される属性、「名前」はそうでない、思ったより重視されない属性ということになります。

このような重視される属性には、その人がどういう人であるかがよくわかるものであること、また裏付けが取れる属性になります。

そういった項目は、審査でも重要とされることが高いです。

最近の年間の収入というよりは、キャッシングサービスを申し込んだ人の収入の度合いが予測できるような属性も重要視されるようです。

年齢や、職種、住んでる年数などです。

重要視される属性には、必ず立証が取れる、ものに限ります。

逆に、裏付けがないものに関しては考えている以上に重要とされません。

自分で申告するのみで裏付けのない審査項目は、重要視されることがないのです。


Site Menu

パニック障害 自律神経失調症 80-11-7 80-10-7 80-18-7
Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.