自賠責保険という保険は車検の際に更新

-

-

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険と言い、略して自賠責保険と呼ぶ保険です。

このような自賠責は別名、強制保険とも呼ばれていて、マイカーを定期車検に出す場合はその車検期間に効果のある自賠責保険に加入している必要があります。

つまりは、すべての車に加入義務のある保険です。

それでは車に自賠責保険がついたまま売却した際にはどうなるでしょうか。

自賠責保険という保険は車検の際に更新をするケースが比較的多く存在しますがもし強制保険(自賠責保険)に加入した車を売りに出したケースでは保険料が返ってくるということは全然ありません。

なぜならば自賠責保険の効力を外して新しい買取相手に移行するということはなかなか面倒なのです。

なので自動車損害賠償責任保険は名義変更をして車と一緒に譲ることが基本です。

しかしその代わりの金額を買取額に上乗せしてくれます。

強制保険というのは自動車税と違って、支払った額を月々で割った金額が返金されるやり方ではなく買取額に上乗せ方法をとるケースが普通ですが、こういったことが買取査定書に明記されるようなことはほぼありません。

ですので、買取の場合には強制保険(自賠責保険)を考慮した金額が買取金額に反映されているかをチェックするようにしましょう。

自分が支払った額がどの程度の金額かということを知っておけば間違いはないはずです。

それぞれの自賠責保険の加入料金というのは、加入期間で違ってくるため、注意してください。

クルマの買い取り時には自賠責保険の名義を書き換えしなければなりません。

この作業をしていなければ、保険会社からあなたに保険の満了の知らせが届いてしまいます。

あなたが手放すか悩んでいる愛車が多少でもお得に手放すことができることを応援してます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.celticdarkness.com All Rights Reserved.